お知らせ


私は30歳で一度結婚して、32歳〜34歳で3体外受精をして全て失敗。
その後、36歳で離婚して、38歳のとき再婚し、39歳で初めての子供を出産しています。

最初の夫とは今となってはどうして結婚したのか?
よくわからないんですが、暴力的で、気に入らないことがあると、家中の私の持ち物を家から放り出し、「出て行け!」と追い出されたことも何度もあったし、髪の毛を掴まれて家の中を引きずられたこともありました。

いつも「お前なんか死んだほうがいい」
「浮気女!(←夜勤明けによく言われていた。仕事なのに・・・)」
とか、まあ今で言うモラハラ夫だったわけです。

でも、当時は「いつか変わってくれるはず」と思い、「子供なんかいらない」と夫が言っていたにもかかわらず、「子供が生まれればきっと変わってくれるに違いない」と思っていました。

でも、なかなか授からず、結婚2年目で乗り気じゃない夫をつれて、病院に夫婦で行って、私が両卵管閉塞で普通には妊娠出産できないことがわかり、その後私は3回体外受精にトライします。

でも、一度も夫からお金出してもらってません。
私が全て出しました。

でも、体外受精が2度失敗した時に「もう妊娠できないんじゃないだろうか?」と感じて、夫にお金を出して欲しいと頼んだんですが、夫に「君の貯金がなくなったら出すよ」と言われたとき、私の中で何かがプチンと切れたような気がしました。

でも、3度目の体外受精を受けることはもう決まっていたので、受けました。

夜勤の仕事をしながら、早番、遅番のある不規則な勤務の仕事をこなしながら、気分にムラのある夫の機嫌をとりながら、ストレスいっぱいだった私はもう限界だったのかもしれません。

3度目の体外受精は高熱を出してしまい、うまくいきませんでした。
夫がその時言った一言は今でも忘れられません。

「だからやめとけって言っただろ」

その後から真剣に離婚を考えるようになり、程なく離婚しました。

そしてその後婚活して、結婚することになったのです。早い!

つづく

お電話でのお問い合わせ

tel:090-7166-3526 ※「WEBサイトを見た」とお伝えください。 営業時間:10時〜17時 / 定休日:水曜日・日曜日

LINEからのお問い合わせ